二の腕の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引

脂肪がつきやすく、たるみやすい二の腕。引き締まっていない二の腕にコンプレックスを感じている人は少なくありません。ほっそりした二の腕を手に入れてどうどうとノースリーブが着たい!そうは言っても、いざ脂肪吸引となると勇気が出ない……と悩んでいる人もいるでしょう。
ダウンタイムが心配、失敗はしないか?たるみは解消されるか?そもそも本当に細くなるのか?など、ここでは皆さまが気になっている二の腕の脂肪吸引の疑問やお悩みを詳しく解説していきます。

監修医師:大橋 昌敬

大橋 昌敬 THE CLINIC 統括指導医。胸部外科学などで博士号を取得した後、高水準の医療技術を求められるカナダで、心臓外科医として活躍。帰国後、美容外科医に転身。国内随一の技術の持ち主として、国内の医療従事者を対象としたテクニカルセミナーの依頼や、国内外で学会発表のオファーが後を絶たない。

所属学会
日本美容外科学会/日本胸部外科学会/日本臨床抗老化医学会/日本形成外科学会
資格
日本美容外科学会専門医/日本胸部外科学会認定医/日本臨床抗老化医学会正会員/日本形成外科学会会員/サーメージ認定医/カンタースレッズ認定医/コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医/VASER Lipo認定医/VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

1.脂肪溶解注射と脂肪吸引で悩んでいます。脂肪吸引が適しているのはどんな時ですか?

脂肪の量が多い場合は、脂肪吸引が適しています。

大橋ドクターの解説

脂肪溶解注射で消える脂肪は1〜2cc

脂肪溶解注射(BNLS Neo注射)は、メスを使わずに部分痩せできるところが最大のメリット。注射をするだけなのでダウンタイムもありません。金額も安価で、脂肪吸引よりも気軽に受けていただくことができます。即効性もあり、当院で行っているBNLS Neo注射は3日ほどで変化が実感できます。
一方で、1回の注射で消える脂肪は1〜2cc程度。他人が見てもわかるような変化を出すには、3回程度受ける必要があります。また、あくまで注射なので、脂肪吸引のような劇的な変化は期待できません。しっかりと脂肪を除去し、確実な変化が欲しい方には脂肪吸引がおすすめです。

参考:BNLS Neo注射

2.脂肪吸引でどれくらいの脂肪が取れますか?

普通体型の方の場合は、500〜800cc程度です。

大橋ドクターの解説

大事なのは吸引量より術前デザイン

脂肪吸引と言えば吸引量が大事、と思われている方が多いかもしれません。しかし、実際のところ最も大事なのは「どれだけ吸引できるか」ではなく「どの部分をどれだけ吸引し、どの部分を残すか」の判断です。
二の腕の付け根近くの皮下脂肪は、線維質で硬い部分があります。この部分を避けて取りやすい脂肪ばかり取ってしまうと、仕上がりにムラができてしまったり、凸凹になってしまうことも。これを回避するために重要になるのが術前デザインです。取る脂肪と残す脂肪を見極め、術部にマーキングしていきます(写真参照)。マーキングを行う上で不可欠なのが、解剖学の知識。どこからどれぐらいの脂肪を取るか、あるいは残すかを適切に判断し、仕上がりイメージを頭の中で組み立てます。

二の腕の脂肪吸引 術前4Dマーキング1二の腕の脂肪吸引 術前4Dマーキング1

3.振り袖肉を改善したいのですが、脂肪吸引でどれくらい細くなれますか?

ベイザーリポであれば皮下脂肪がしっかり除去できます。実際の症例写真をお見せしましょう。

大橋ドクターの解説

脂肪の吸引だけでなく、引き締め効果も

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)では、まず機器が持つ特殊な超音波を脂肪に照射し、脂肪だけを柔らかくした後、刃のないカニューレを用いてやさしく吸引していきます。脂肪以外の組織を傷付けずに皮下脂肪だけを除去できるので、出血量が少なく、かつ術後の皮膚がキレイに引き締まるというメリットもあります。
論より証拠です。当院で施術を受けられた方の症例写真をご紹介しましょう。3例ともたっぷりとついていた脂肪が除去され、ほっそりと引き締まった二の腕に仕上がっているのがおわかりいただけると思います。

二の腕の脂肪吸引 症例写真1二の腕の脂肪吸引 症例写真1

二の腕の脂肪吸引 症例写真2二の腕の脂肪吸引 症例写真2

二の腕の脂肪吸引 症例写真3二の腕の脂肪吸引 症例写真3

4.結婚式までに二の腕を細くしたいです。いつまでに受ければ間に合いますか?

最低でも1ヶ月以上、できれば2ヶ月以上前までに受けてください。

大橋ドクターの解説

ダウンタイムが終わるまでは時間がかかる

ダウンタイムが軽いと言われるベイザー脂肪吸引でも、手術直後は痛みや内出血、腫れなどが出るものです。むくみが治まり、皮膚が引き締まるまでは最低でも1ヶ月はかかるでしょう。式まで1ヶ月以上時間があれば何とか間に合う可能性はありますが、できれば2ヶ月以上余裕を持っていただけますと安心です。

5.脂肪吸引したら皮膚がたるみませんか?

ベイザーリポの場合は、術後の皮膚の引き締め効果があるので、脂肪吸引のせいでたるむということはありません。

大橋ドクターの解説

ベイザーリポでたるみを回避

皮膚直下の浅い層が上手く吸引できなかった場合や、旧式の脂肪吸引機器で強引に脂肪を削り取ってしまった場合、術後に皮膚がキレイに収縮せず、たるんでしまうことがあります。しかし、これはベイザーリポを使用することで回避可能です。ベイザーリポは脂肪以外の組織を傷付けずに皮下脂肪が除去できるため、術後の皮膚がキレイに収縮されるのです。ただ、元々二の腕の皮膚にたるみがあると、脂肪吸引の技術や機材の性能だけでたるみを防ぐのが難しくなります。そういった場合は、サーミタイトという皮膚の引き締め施術を併用することも。実際に診察して、その方に合った施術を提案し、個別に対応しています。

6.前腕も脂肪吸引できますか?

残念ながら当院では対応していません。

大橋ドクターの解説

前腕はリスクが大きい

リスクが大きい前腕の脂肪吸引リスクが大きい前腕の脂肪吸引 物理的には可能ですが、前腕は脂肪量が少ない部位です。また、まれに神経損傷が起きるリスクも伴います。これらの理由から、当院では前腕の脂肪吸引を行っていません。その他のクリニックでもやっているところはほとんどないです。

7.二の腕の脂肪吸引は付け根部分まで吸引した方がいいのでしょうか?

肘の周辺のみを吸引しすぎると、バランスが悪くなってしまう場合があります。

大橋ドクターの解説

二の腕は吸引範囲が分かれている

肘の周辺だけを吸引しすぎると、腕が短く見えてしまうことがあるので注意が必要です。一方で、付け根部分までしっかり吸引すると腕がスラッと長く見える仕上がりになります。そのためカウンセリングで腕の状態を確認し、付け根までの吸引をご提案する場合もあります。
また、場合によっては肩の脂肪吸引もご提案します。外側に張り出している脂肪を取り除くことで、より華奢なシルエットに仕上げることも可能です。

肩の脂肪吸引 症例写真肩の脂肪吸引 症例写真

8.よくある失敗を教えてください。

バランスを考慮せずに脂肪を取り過ぎてしまう、取りムラによる失敗が多いです。その他にもさまざまな失敗例があり、二の腕は失敗が多い部位の一つと言えます。

大橋ドクターの解説

よくある失敗①バランスが不自然

二の腕の脂肪吸引 失敗例1 不自然なバランス二の腕の脂肪吸引 失敗例1 不自然なバランス二の腕の皮下脂肪は腕の付け根に近づくほど厚くなっています。付け根部分は線維質で硬くなっており、取り残しやすいところ。脂肪が取れやすい二の腕の中央部分ばかりを取ってしまうと、腕の付け根の脂肪が不自然に残ってしまい、真ん中だけ砂時計のような形になってしまうのです。
修正は、まず細かい脂肪の取り残しがあれば、吸引してフラットにします。その後、脂肪の取り過ぎでバランスが崩れている箇所に脂肪を注入し、自然なバランスに整えていきます。

よくある失敗②皮膚がたるむ

二の腕は皮膚の弾力が弱く、たるみやすい部位です。たるむ原因としては、陰圧式脂肪吸引など、従来の脂肪吸引機器の使用によって、皮下の線維組織を傷つけてしまったことが考えられます(図参照)。従来のものは組織を断裂しながら脂肪を吸引するため、術後、皮膚がキレイに収縮しなくなる可能性があるのです。
また、経験不足のドクターがたるみの状態・肌質を考慮することなく、強引に脂肪吸引を行った際にも起こりえます。
たるみの修正には、皮膚のたるみを引き締めるサーミタイトが有効です。サーミタイトは、皮下に直接、高周波の熱を照射して伸びた皮膚を収縮できます。たるみが広範囲であっても、均等に引き締めることができる施術です。

陰圧式脂肪吸引のメカニズム陰圧式脂肪吸引のメカニズム

よくある失敗③凸凹になる

取るべき脂肪が残り、取らなくていい脂肪が取られてしまうことで起こります(いわゆる「取りムラ」です)。性能の低い機材を使用したり、つたない技術で皮膚の浅い層の脂肪を強引に吸引してしまったりすることが原因です。
脂肪の取り残しはベイザーリポで吸引し、フラットに整える修正を行います。その後、脂肪を取りすぎてしまったところに脂肪を注入。滑らかになるよう調整します。

二の腕の脂肪吸引 失敗例2 デコボコ二の腕の脂肪吸引 失敗例2 デコボコ

よくある失敗④引き攣れ

二の腕は皮膚の弾力が弱いため、引きつれやすい部位と言えます。
引き攣れとは、必要な脂肪まで取ってしまうことで、皮膚と筋膜が癒着してしまった状態のことです。この〝取り過ぎ脂肪吸引”による失敗は近年増加傾向にあります。
修正はベイザーリポで脂肪を均一にし、そこに脂肪注入をする方法が有効です。

よくある失敗⑤溝

二の腕の脂肪吸引 失敗例3 溝ができる二の腕の脂肪吸引 失敗例3 溝ができる カニューレの通った部分だけが溝のようにくぼみ、細いラインが残ってしまいます。特に二の腕は皮膚が薄いため、溝が目立ちやすいのです。
吸引箇所を見誤ったドクターが、この部分を無理矢理に吸引すると溝の跡が顕著に表れます。
この場合は、皮下組織をベイザー波できれいに均した後に、脂肪を注入して溝を埋める修正を行います。

その他の失敗

皮膚表面が茶色くガサガサした質感になってしまう色素沈着や、片方の腕だけ脂肪を取られすぎてしまうことで、あきらかに左右の形に違いが出てしまう左右差、神経系が損傷してしまうことで生じるしびれや麻痺など、二の腕は脂肪吸引による失敗が多くあります。

脂肪吸引の失敗は他院修正が可能

ここまで紹介したように、二の腕は脂肪吸引のなかでもさまざまな失敗が起こりやすい部位の一つです。これは失敗なのでは?と感じた時は、まず脂肪吸引を受けたクリニックに相談しましょう。そこで改善が難しいという場合は、当院にご相談ください。当院では、過去の脂肪吸引の修正治療を積極的に行っています。

9.失敗しないためにはどうすればいいですか?

術前のマーキングが丁寧で、ベイザー脂肪吸引の経験値が高い(症例数が多い)ドクターにお願いしましょう。

大橋ドクターの解説

チェックポイント①マーキングが丁寧

二の腕の脂肪吸引 術前4Dマーキング2二の腕の脂肪吸引 術前4Dマーキング2脂肪吸引をする前に必ず行うのが術前デザイン。術部にマーキングをして、取るべき脂肪と残すべき脂肪を見極めます。そのため、術前デザインを丁寧に行うことは、脂肪の取り過ぎや取りムラの回避につながるのです。

 

チェックポイント②ベイザーリポを使用、且つ認定医

ベイザーリポは、脂肪以外の組織を傷付けずに最大90%の皮下脂肪を吸引することができます。とは言え、いくら性能が良くても、経験が浅いドクターが使用すれば失敗の原因になりかねません。ハイスペックな機器のため、使いこなすにはそれなりに技術が必要なのです。
ベイザーリポの扱いを熟知した技術力が高い医師を見極めるためには、まずベイザーリポの認定医かどうかを確認するといいでしょう。

参考:VASER LIPO 認定ドクター紹介

チェックポイント③症例数が豊富

もしベイザーリポ認定医の資格を持っていたとしても、美容外科には脂肪吸引以外にさまざまな施術が存在します。実はベイザーリポの使用経験がほとんどない、という医師が存在する可能性もあるのです。これは、運転免許は持っているものの、ほとんど車を運転しないペーパードライバーのようなもの。
脂肪吸引で失敗しないためには、ベイザーリポの認定医で症例数が豊富なドクターを選んでください。症例数こそ、医師の経験やスキルを表す大事な数値なのです。

10.ダウンタイムはいつ治まりますか?

痛みと内出血は3日程度、むくみは1〜2週間程度で治まり、その後硬縮が3ヶ月〜半年程度で治まります。

大橋ドクターの解説

二の腕のダウンタイムは比較的軽度

ダウンタイムとは、手術をしてから体が回復するまでの期間、またその期間に現れる症状のことです。脂肪吸引を受けた場合、部位によって差はありますが、少なからずダウンタイムが生じます。
下半身よりも上半身の方がダウンタイムは軽いと言われており、二の腕も比較的軽度です。
痛みは術後3日がピークで、筋肉痛のような痛みがあります。当院で施術を受けたスタッフによると、術後3〜5日頃までは(動かせないほどではないものの)痛みはあったという声が寄せられましたが、1週もすれば落ち着いてくるようです。
内出血は術後3日頃までは目立ちますが、1〜2週間かけて少しずつ消えていきます。
むくみは1〜2週間ほどでおさまります。
これらの症状が落ち着いてくる頃に現れる症状が硬縮(こうしゅく)です。皮膚が引き締まる工程で、突っ張りや皮膚の下にぼこぼこを感じる症状のことを言います。最初は驚くかもしれませんが、二の腕が細く引き締まっている証拠なので、術後6ヶ月以内であれば気にすることはありません。マッサージをしたり、ストレッチをすることで症状が緩和されます。

二の腕の脂肪吸引 ダウンタイム二の腕の脂肪吸引 ダウンタイム
※体型や脂肪吸引量によって、個人差があります。

ダウンタイム専用のコスメが登場

なお、当院では、ダウンタイム症状を和らげるマッサージ専用コスメを開発しています。
長引くダウンタイムが気になるという方は、ぜひお確かめください。
※脂肪吸引後のマッサージ専用コスメ「DT(ダウンタイム)」の詳細はコチラ

11.どんな経過を辿るんですか?

術後3日は痛み、内出血、むくみがピークとなります。当院スタッフが施術を受けた際の経過写真を見ながら解説しましょう。

大橋ドクターの解説

施術前

二の腕下の脂肪が少し目立っています(画像「術前〜術後7日目までの経過」参照)。

翌日

内出血は出ていますが、腕全体には広がっておらず、紫色になっている部分はごく一部です。むくみもあまり目立っていません。

3日目

まだ内出血は残っていますが、少しずつ色が薄くなってきています。

7日目

内出血はほとんど消え、むくみも軽減されて腕がほっそりとしてきました。この頃から硬縮がはじまり、これから腕はもっと引き締まっていきます。

二の腕の脂肪吸引 術後経過写真二の腕の脂肪吸引 術後経過写真

術後3日間はサポーターを着用

二の腕の脂肪吸引 術後の圧迫固定二の腕の脂肪吸引 術後の圧迫固定サポーターは長袖の洋服を着てしまえば、周りにはほとんどバレません。術後すぐは痛みもあるので、たっぷりとしたデザインの服を着るといいでしょう。サポーターはむくみを軽減し、皮膚の収縮も助けてくれます。

12.どういう時に痛みますか?

痛みを感じるのは腕を肩より上に動かす時や、なにかに触れた時に多いようです。

大橋ドクターの解説

術後は下記の動きや状況に注意

当院で二の腕の脂肪吸引を受けたスタッフによると、ワンピースの後ろのファスナーを上げる時やドライヤーで髪を乾かす時、髪を結ぶ時などに痛みを感じたという声が寄せられました。腕を肩より上に上げる動作の際に、痛みを感じやすいようです。他には寝返りを打つ時、急に腕をポンと叩かれた時、電車で他の人の荷物や肘がぶつかってしまった時など、急に何かに触れた瞬間にも痛みを感じるという声がありました。痛みは強めの筋肉痛程度です。多少個人差はありますが、術後3日目以降は徐々に緩和していくでしょう。

13.値段相場はどれくらいですか?

ベイザー脂肪吸引の場合、およそ30万円前後です。

大橋ドクターの解説

吸引範囲の詳細は各クリニックに問い合わせを

二の腕の脂肪吸引範囲二の腕の脂肪吸引範囲クリニックによって金額の差はあるものの、平均すると30万円前後が相場です。当院の場合、二の腕は腕の付け根を含む場合と含まない場合で料金が変わってきます(図参照)。クリニックによっては二の腕の施術部位の詳細が掲載されていないところもあるため、施術の詳細については各クリニックに問い合わせてみるのがいいでしょう。
オプション料金として、別途麻酔代などが発生する場合もありますのでご注意ください。

14.傷跡はどこに作りますか?

肘のシワに左右それぞれ1ヶ所ずつ、計2ヶ所作るのが基本です。

大橋ドクターの解説

6ヶ月程度でシワに馴染んで見えなくなる

二の腕の脂肪吸引の傷跡二の腕の脂肪吸引の傷跡場合によっては肩(脇うしろ)から吸引することもあります(図参照)。これは肩甲骨周りの脂肪も一緒に取る場合です。通常の二の腕の範囲であれば、傷は肘のみで目立たないところに小さく付けて施術を行います。二の腕の脂肪吸引から5日後と6ヶ月後の傷口の写真を比較してみましょう。5日後の時点で傷跡はかなり小さく、ほとんど目立っていません。6ヶ月後には肘のシワに隠れてほとんど見えなくなります。

15.仕事復帰はいつから可能ですか?

術後2〜3日程度お休みを取っていただくことをおすすめしています。

大橋ドクターの解説

中には翌日から復帰したという方も

ダウンタイムには個人差があるため一概には言えませんが、ほとんどの方が術後2〜3日で仕事に復帰しています。二の腕はダウンタイムが比較的軽い部位です。なかには、施術の翌日から出勤したという方も。そうはいっても、術後のダウンタイムには個人差があるため、念のため、術後2〜3日はお休みいただくことをすすめています。

16.名医を見極めるポイントがあれば教えてください。

カウンセリングシートを持って、さまざまなクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

大橋ドクターの解説

カウンセリングで情報収集を

カウンセリングに出向き、担当医に会って実際に質問することで名医を見極めましょう。ただ、緊張して何を話したら良いのか分からない人も多いと思います。そこで、ドクターの技量や施術への考え方を聞き取るためのカウンセリングシートをご用意しました。クリニックを比較する際の材料としてご活用ください。

こちらからダウンロード→カウンセリングシート